ギターと英語と筋トレと インドアな30代男の日記

ギターが好きなオッサンが筋トレと英語学習を始めたので、その経過や気付きなんかをアウトプットしていくブログです。

指板上の音名(ドレミ)を覚えるメリット!

2019/05/01

私、ギターを触り始めてからかれこれ7、8年ほど経つのですが、

最近になって

指板上の音名(ドレミ)を把握すること

コード・トーンを意識すること

重要性に気がつきました!

スケールを形で覚える必要が無くなる!

スケールの構成音が分かれば、スケールを形で覚える必要になりますし、ポジション移動で迷子になることも無くなります。

コード・トーンが分かるから、コード感のあるアドリブが弾ける様になる!

コード・トーンとはコードの構成音のこと。

トライアド(root,3rd,5th)と7thのことです。

※Cコードなら
  • root = C
  • 3rd = E
  • 5th = G
これらコード・トーンの中でも、コードを決定づける3rdと7thの音を意識的に使うことで、単音のメロディーであってもコード進行が伝わる様になります!


スウィープ・ポジションが分かる様になる!


スウィープって一種のアルペジオですからね(笑)

コード・トーンがどこにあるか分かれば、ポジションやパターンを見つけるのは難しくなくなります!


タッピングが難しくなくなる!

LINEで送る
Pocket

-未分類