ニュースと雑学と時々ギター ハナシノタネ

気になる情報、気になる商品、趣味や生活の知恵など雑多にいろいろと書き綴っていきます。

ピックの持ち方を変えたら劇的に手首が使えるようになった件

ピックの持ち方を変えてみました。

今までの持ち方はこんな感じ。

変更後はこんな感じ。

以前の持ち方は、親指の腹と、人差し指の側面でピックを挟む持ち方。

親指は少し曲がっている状態。

親指の上から見るとピックは先端が少しだけ見えてる状態。

新しい持ち方は、親指の指紋中心あたりと、人差し指の腹の横側で摘まむような持ち方。

親指は若干反りぎみ。

親指の上から見ると、ピックは半分近く見えてる状態。

従来式のメリットは

ブリッジ・ミュートがかけやすい(気がする)

ピッキング・ハーモニックスが出しやすい

細かいフレーズに対応しやすい(気がする)

新しい持ち方のメリット

手首が自然と内向きに曲がることで、腕の回転だけでピックを大きく動かせる。

手首のスナップを使いやすい。 今までの苦労は何だったのか…そう思うくらい使いやすい。

なぜ従来式の持ち方になったかと言えば

ギターを始めた当時、パンクばかり弾いてたのでブリッジ・ミュートは必須だった。

その後、ハードロックにも手を出すようになって、細かいフレーズを弾いたり、ピッキング・ハーモニックスを使うようになった。

親指クネクネ・ピッキングの方が速く弾けるらしいとう情報に影響された(笑)

今回、持ち方を変えたのは

カッティングに興味が湧いたから。

ギターってなんだかんだ言って、バッキング弾いてる時間が圧倒的に多いしね(笑)

おろそかにしていた基礎を学ぼうと

教則本『良いカッティング・悪いカッティング』を参考にフォーム矯正してみました。

LINEで送る
Pocket

-未分類