ニュースと雑学と時々ギター ハナシノタネ

気になる情報、気になる商品、趣味や生活の知恵など雑多にいろいろと書き綴っていきます。

雑学

スカンクは、スカンクのオナラに耐えられるのか?

2017/05/09

スカンクと言えば、強烈な臭いのオナラで有名ですよね。
敵が近づくと強烈なオナラを放ち、その悪臭で猛獣すらも退けます。

それほど強烈なスカンクのオナラ、それにスカンク自身は耐えれるのか?!
調べてみました!

スポンサードリンク


そもそも、スカンクの臭いの正体とは?

その悪臭のもとは一般にはオナラと思われていますが、正確にはオナラのような気体ではなく、肛門腺からの分泌液。
その主成分は、ブチルメルカプタンという物質です。

スカンクは敵週にあうと、この分泌液を噴出します。
その射程距離は4メートル以上!なかなかの飛び道具ですよね…

この分泌液が目にでも入ろうものなら、激痛と一時的な視障害に襲われることになります。
それに懲りた猛獣は、もう二度とスカンクを襲うことはなくなるそうです。
まさにトラウマってやつですね…臭くて、痛くて、視覚も奪われるなんて想像しただけでもゾッとします。

スカンクのオナラ炸裂!!犬倒れるw


そんな強烈な臭いにスカンクは耐えられるの?

結論から言うと、耐えられます!

スカンクは、みずからの悪臭に対して耐性をもっているどころか、それを〝いい匂い”と感じています
オスとメスが交尾をするとき、双方が悪臭を放ち合い、その〝香り”に、双方興奮していくのだとか…なんだか少し変態チック(笑)

スポンサードリンク


ちなみに…そんなスカンクの天敵とは?

猛獣すらも退けるスカンクの悪臭攻撃ですが、通用しない相手も存在します。鳥類です。

鳥類は嗅覚が鈍く、スカンクの放つガスもさほど強烈に感じません。
そのため、猛禽類はスカンクにとって天敵と言えます。


まとめ

  • スカンクのオナラが臭いのは分泌液によるもの
  • 猛烈な悪臭も、スカンク同士にとっては〝いい香り”
  • 猛獣は撃退できても、猛禽類には効果が薄い
かわいい顔して割とやるヤツ、スカンクの雑学でした。

LINEで送る
Pocket

-雑学
-, ,