ニュースと雑学と時々ギター ハナシノタネ

気になる情報、気になる商品、趣味や生活の知恵など雑多にいろいろと書き綴っていきます。

イベント 雑学

雛人形を飾る時期。いつから飾る?いつしまう?

2017/06/21

今年、初めての女の子が生まれ、おばあちゃんに雛人形を買ってくれました!

せっかくなのでお披露目の意味も兼ねて、早くから、長く飾りたいのですが
いつ頃から飾ったら良いものなのか?

「雛人形をしまうのが遅れると、婚期が遅れる」なんて言いますが
実際のところ、いつまでにしまえばいいものなのか?

聞く人によって意見もまばらだったので、決まりがあるのか調べてみました。

スポンサードリンク


雛人形はいつから飾るものなの?


雛人形を飾るのは、早くて立春(2月4日頃)以降
遅くても雛祭りの1週間前には飾るというのが一般的。

節分の豆まきをして、厄を払ったあとに飾る。
と覚えておくと良いでしょう。

立春に飾る理由には、ひな祭りが
春という季節を寿(ことほ)う意味があるからです。

    とはいえ、地域によって風習は様々で
  • お正月の松(1月8日)が明けたら飾る
  • 旧暦の4月3日が雛祭りの地域では、春休みが始まる頃に飾る
  • など、飾る時期が異なるパターンもあります。
    このあたりは、地域の風習に従うのがベターです。

分からない場合は、地元のお人形屋さんに聞いてみるのもアリだと思います。

立春の他に良い日とされているのが雨の日(雨水)


雨の日に雛人形を飾ると 良縁に恵まれるという話があるので、
この日を選んで飾る人も多いそうです。

雨の日(雨水)とは、二十四季節のひとつ。
雪が雨に変わり 春に向かっていく節目 とされています。

なぜ雨水に良縁?
理由は諸説あるようですが、有名なのは日本神話を由来としたもの。

雨水から雪が雨に変わり、春に向かっていく頃、
農作業の準備などが始まります。

この時期から、草木も芽吹き、雪解け水が川へ流れ始めます。
水は命の源であるとされ、生命の母と考えられていました。

なので、水の神様は、子宝の神様とされていたり、安産の神様
として崇められている地域もあります。

スポンサードリンク


雛人形をしまう時期

3月3日が終わると片付ける地域が多いのですが、旧暦(4月3日)まで飾り続ける地域もあります。
リミットは、ひな祭りから約2週間。

・ひな祭りが3月3日の地域なら、3月中旬ごろまでにしまうのが吉。
・旧暦(4月3日)の地域では4月中旬が目安になります。

ちなみに、雛人形を片付けるのは「啓蟄(けいちつ)の日」がベストだと言われています。
「啓蟄の日」とは二十四季節のひとつで、3月6日ごろを指します。
 ※旧暦でひな祭りを行う地域ではこの限りでありません。


「雛人形をしまうのが遅れると、婚期が遅れる」は迷信?

この迷信は
「片付けがちゃんとできないようでは、きちんとしたお嫁さんになれませんよ」
という、しつけの意味を込めた言い伝え。言わば情操教育です。

しまう日は人形に負担の少ない日を選ぶ

「婚期が遅れる」なんて言われたら焦ってしまいますが
「この日にしまわなければ!」と決めてしまうより、大切なのがお天気。

お人形に使われる絹やレーヨンにとって、湿気は大敵!
ジメジメした日にしまうと、翌年にはカビやシミが…なんてこともあり得ます。
お人形をしまうのは晴れた日、湿度の低い日を選んで、大切にしてあげてください。


まとめ

・雛人形を飾るのは、早くて立春以降。
 節分で厄払いが終わった後と覚えましょう!
 「雨の日(雨水)」に飾り始めるの吉。

・しまうのは、ひな祭りが終わってから2週間以内が目安。
 一番良いとされるのは「啓蟄(けいちつ)の日」…3月6日頃
 
・「雛人形をしまうのが遅れると、婚期が遅れる」は迷信
 遅れたとしても、天気の良い日を選んでしまう!

しきたりや伝統も気にはなりますが、一番大切なのは
主役の子どもが楽しみながら、モノを大切にすることを学ぶこと。
だと思います。

素敵な女性になる切っ掛けづくりも兼ねて、家族みんなで
楽しいひな祭りにしたいですね!

スポンサードリンク

LINEで送る
Pocket

-イベント, 雑学