ニュースと雑学と時々ギター ハナシノタネ

気になる情報、気になる商品、趣味や生活の知恵など雑多にいろいろと書き綴っていきます。

雑学

白ワイン用のグラスが赤ワイン用のグラスより小さいワケは?

結婚パーティーなどでフランス料理のフルコースを食べるときは、あらかじめテーブルにたくさんのナイフとフォークが並べられている。
グラス類も同様で、乾杯用にシャンパングラスに加え、ワイングラスがふたつ準備されていることが多い。

一つは魚料理の白ワイン用、もう一つは肉料理の赤ワイン用。
白ワイン用は小ぶりのグラスで、赤ワイン用はそれよりも一回り大きなものとなっています。
この違いは何故なんでしょうか?

ワインを注ぐ人が見分けやすいように大きさを変えているのでは?
と思うか人もいるかもしれませんが、そうではありません。
白ワイン用のグラスが赤ワイン用のグラスより小さいのは、その方がワインを美味しくいただけるから。

一般に、白ワインの適温は
辛口タイプで8~13度
甘口タイプで5~8度
とされています。

レストランでは適温に冷やしたものを提供します。
”ぬるくなる前に、美味しいとされる温度のうちに飲み干せるように”
そういった心遣いから、白ワインのグラスは小さめに作られています。


一方、赤ワインは常温で飲んだ方がいいと言われています。
そのため、サービス係も温度を気にして何度も注ぎ直す必要のない、大きめのグラスが用いられるワケです。

LINEで送る
Pocket

-雑学