ニュースと雑学と時々ギター ハナシノタネ

気になる情報、気になる商品、趣味や生活の知恵など雑多にいろいろと書き綴っていきます。

ライフハック イベント 雑学 生活

内祝いの基本マナーをマスターして感謝を伝えよう!

子どもが無事に生まれて内祝いをしなくてはならないのだけど、どうしたらいいの?
そう悩んでいる新米ママも多いはず。内祝いの基本マナーをマスターすることからはじめましょう。

スポンサードリンク


そもそも内祝いとは?

「内祝い=出産祝いへのお返し」と思っているママさんも多いのでは?
本来の内祝いは、まったく違う意味をもっているのです。

内とは身内のことで、いつもお世話になっている親戚や、親しい方に
「無事に子どもが生まれました」
「男の子です」または「女の子です」
「○○と命名しました」
「かぞくともども、今後ともお世話になります。どうぞ、よろしくお願いします。」
など、報告を兼ねてお祝い事を連絡することが本来の内祝いの意味なのです。


最近では、先に出産祝いのお祝いをいただいてしまうので、内祝いの報告と、そのお返しが一緒になっているようですね。
どちらにせよ、これからお世話になる方々なので、心配りを忘れないようにしましょう。

内祝いを贈るタイミングは?

出産に関しては早い時期に内祝いを贈る必要はありません。
赤ちゃんやお母さんの体調を考慮して、生後30日を過ぎたお宮参りの頃がベストです。

赤ちゃんが生まれたのが嬉しくて、報告したいのはわかりますが、焦らないこと。
時間のある時にカタログを見て、じっくりとご主人と相談をしながら、商品をえらんでおくといいですね。

ただ、あまり多くの人に内祝いをすることは避けましょう。
反対に気を遣わせてしまうこともあります。

スポンサードリンク


上品な品物選びのポイント

金額の目安は?

品を選ぶにしても、まず金額を設定しない事にははじまりませんよね。
いただいたお祝いの”半返し”と、よく言われますが、3割程度でいいと思います。
  • 金額が低い場合は、3割強。
    例えば2000円の品をいただいたのなら、800円から1000円のお返し。
  • 反対に高い場合は3割弱
    いただいたのが10000円の品だったら、3000円位が目安ですね。

内祝いの定番アイテムは?

出産内祝いの定番は消耗品です。
小さなお子さんがいらっしゃるご家庭には、タオルやスイーツ、ジュースなど。
ご夫婦だけならハンドクリームや石けん、ワインやお酒などを贈ることが多いようです。

避けた方がいいし品やタブーなことは?

お子さんの名前入りの花瓶や、写真入りのフレームなどは避けた方が良いでしょう。
記念品の様なアイテムは逆に失礼にあたります。
自分がいただいて困る品はNGです!

あと、贈り物として直接肌につける下着や靴下はタブーです。
プライベートなシーンで使う物を贈るということは、その人の生活に踏み込んでいくという意味合いになります。

品選びのポイントは?

まずは、内祝いを贈る相手の家族構成や好みをリサーチしておくことが一番大切です。
少しでも相手のことを把握しておくことで、品選びも随分、楽になります。
また、赤ちゃんの紹介も兼ねて、写真入りのメッセージカードを添えることもお忘れなく^^

内祝いは、日頃の感謝の気持ちと、「これからよろしくしくお願いします」という挨拶でもあるので、内祝いを贈る、一人一人のお顔を浮かべながら、商品を選びましょう。

スポンサードリンク


LINEで送る
Pocket

-ライフハック, イベント, 雑学, 生活